オープンカーのような生活が送れる住宅


オープンカーはとても気持ちが良いです。

それでは住宅でもできるのでは? 敷地は空地に隣接していることから、方向さえうまく決めれば開放的な構成をとることが可能でした。

建物をすっと切り取ることで、室内がそのまま外になったような気持ちのよい空間が生まれます。

そして、それは建物全体へと広がるでしょう。オープンカーのような生活が始まります。

屋根を切り取られたスペースは、階段によって立体的につながります。

テラスが上下につながることで使い勝手が格段に良くなり、生活が自然と外へ外へと引き出されます。 そうしたテラス一体となるように、2階にはリビングルーム、3階にはサンルームを設けます。

室内と屋外の2つの階段によって、中と外とがぐるぐるとつながり、住宅地の中でも自然と一体となった毎日です。

屋外のスペースは、周りからは壁や階段、手摺、植栽などがクッションとなり、適度なプライバシーが保たれます。

落ち着いたオープンな空間は、食事や読書、昼寝にぴったりです。

概要
作品名 玉川の住宅
ジャンル 自宅
所在地 東京都世田谷区
構造 鉄筋コンクリート造
延床面積 135㎡
ロケーション 住宅地
吉原美比古

吉原 美比古

毎日の生活がゆたかになる住宅を提案します