宙に浮いたイメージの外観を持つ住宅


宮島の対岸に位置するこの敷地は、過去、台風時の高波による床下浸水の被害があった経緯から、建物は地面より浮す計画としました。

家族構成は30前半の若夫婦+子供2人、クライアントはオープンな空間を望まれたことより、平面の南側をパブリックスペース、中央を水廻りと中庭、北側はプライベートスペースで構成し、将来的に子供が大きくなった時、造付け収納家具で区切れるように考慮しました。

基礎は上げたスペースを床下収納とし、両サイドに傾いた壁を、構造的に鉄骨のダブルブレースに持たせ、片方を亜鉛メッキ処理した上露出し、3.5m跳ね出すことで、宙に浮いたイメージの外観をつくり出しました。

内部はキッチンとダイニングテーブルを兼ねた一枚板のステンレスの造付家具を製作し、床、少し傾いた壁をしな合板蜜蝋ワックス仕上とすることで、船底をイメージしています。

設備はエコキュートのオール電化とし、屋根はシート防水の上断熱塗料仕上、夏期は南面の直射日光を防ぐため、鉄骨より遮光テントを張ることで省エネを考えています。海に隣接した建物のフォルムから「ボートハウス」と名づけ、まさに船出するイメージでたたずんでいます

概要
作品名 ボートハウス
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 広島県廿日市
間取り 2LDK
基礎 コンクリート打放し
外壁 ガルバリウム鋼板
屋根の形 陸屋根
しな合板
しな合板
構造 鉄骨造
延床面積 91.50m2
設計から完成までの期間 1年2ヶ月
予算帯 1,600万
土居 郁夫

土居 郁夫

『自然との対話』で凛としたシンプル空間を目指します