代々木上原に建つテナントビル


今回のテナントビル建設に関して、クライアントからの要望が下記の3点でした。

  • 角地にあるので印象的な外観にして欲しい
  • 業種を選ばないデザイン
  • 高級店も入ることができるグレード感

上記に加えて、コンクリートの打ち放しのビルの多いエリアであったことから、ガラス面とのコンポジションを強調した印象的なデザインを行いました。

これは同時に、RC壁式構造で窓の少ない躯体が重く見えない工夫ともなっています。 昼と夜の表情の違うビルとして、目立つ存在とすることができました

概要
作品名 代々木上原ビルディング
ジャンル オフィス・事務所
所在地 東京都
清水 義文

清水 義文

「納得」「提案」「個性」をカタチにすること、それがミッション