東京の木でつくる都市型2世帯住宅


敷地は郊外の住宅街にあり幹線道路に面しています。

道路は南側と西側の2面だが騒音や埃の影響を受けやすくプライバシーの確保も難しい為、全体を壁で囲い中心に10畳の広さに相当するライトコートを設け中に開く平面形状にしています。

ライトコートの中心にはシンボルツリーとしてカツラを植え、両世帯の2階リビングから緑を楽しめるよう演出しました。

西側の道路から正面奥に見えるシンボルツリーであるカツラを目指し桧の5寸角が8本並ぶアプローチを通り各世帯の玄関へ導きます。

共有部分のアトリエ、スタジオは各世帯の廊下からの出入りとアプローチ左右の駐車場から直接出入りが出来るよう配置しています。

その他1階は寝室等のプライベートな部屋を設けた。 階段を上るとリビングが広がります。

高断熱・高気密であるこの家は玄関からリビングまでの間に扉はないです。

リビングは子供部屋、水廻り、外部のデッキ(アウターリビング)の中心に配しています。

各世帯のリビングはライトコートを中心にデッキ、子供部屋で繋がります。

子供部屋は広い空間を本棚で仕切り図書館の様な空間を演出、将来の家族形態の変化に対応できるよう計画した。

構造材は多摩産材の杉、桧を使用、天井材は多摩産材の杉板張り、ダイニングテーブル、リビングテーブル、子供部屋の家具、棚等は多摩産材の杉の集成材を使い製作した。

概要
作品名 萩山W邸(都市型2世帯住宅)
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都東村山市
間取り 3LDK+2LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 左官仕上げ
屋根の形 陸屋根+勾配屋根
クロス
フローリング
構造 木造軸組
延床面積 297.71㎡
ロケーション 住宅地
渡辺 恭祥

渡辺 恭祥

クライアントと共に考える五感で感じる家づくり