やわらかな曲線を使った家


~やわらかな家~ 本計画は、新しく開発された分譲地の計画で、周囲は新しく 建てられた住宅が立ち並ぶ区画です。

計画段階からクライアントとの打ち合わせを繰り返していく中 で感じたキーワードは『やわらかな光につつまれた空間』でした。

そこで、光を柔らかく取り入れ、曲線を多用し光に包まれるよう な空間ができないかと考えました。

空間を単調に区画割し、薄壁で間仕切られた開口部はアーチ型に することで視線の抜けや軽快でリズムカルになるような空間とし ています。

入隅や出隅などに曲線を用い縦に伸びた大開口窓から 差し込む光は空間をやわらかく包み込んでくれます。

新しく建ち並んだ分譲地にひっそりとたたずむ建物は、時間と共 に変化する光とアクセントの曲線がふれあうことで独特な陰影を つくりだし、アーチ型の開口をくぐり抜けると、非日常空間へと 導いてくれるでしょう。

概要
作品名 大津の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 滋賀県大津市
間取り 3LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 左官仕上げ
屋根の形 片流れ
設計から完成までの期間 1年
水本 純央

水本 純央

 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします