空中のデッキテラスで守られた家


住宅地に建つ、30代の共働き夫婦の住まいです。 外部の視線からプライバシーを守るために、壁で囲ったデッキテラスに大きく窓をとり、LDKと外部空間が一体となった広がりを生み出しています。

天井高には差をつけ、それぞれの場所にふさわしい性格を与えるとともに、高窓からも光と風をとりいれて、変化のある快適な室内を実現。 水廻りはLDKと同一階とし、動線に沿った収納を随所に設けて、毎日の家事の効率化をはかりました。

概要
作品名 阿佐ヶ谷の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都
延床面積 144.71m2
石井 正博/近藤 民子

石井 正博/近藤 民子

敷地とライフスタイルを活かした家づくり