築30年のマンションリノベ空間を繋げる間仕切りのある住宅


本計画は、滋賀県守山市駅前にある築30年のマンションである一室をリノベーション したプロジェクトです。

一室は、約68㎡(20坪)ほどの空間です。

この限られた空間の中で、必要部屋数を確保すようとすると、リビング空間は満足な広さがなかなか設けることができず、狭くなってしまいます。

そこで、今回は各部屋を仕切る間仕切りかたに着目しました。

一般的な間仕切り壁は、空間を分けるためにもうけます。

完璧に空間を分けてしまうと、部屋は狭くなってしまうため、間仕切りをスリットの要領で一定方向に連続して配置させます。

そうすることで、壁という圧迫感を軽減させ、かつ、スリット状に間仕切り壁を配置させることで、スリットの間仕切りで仕切られた部屋と部屋がこの壁を介し、お互いの空間を共有することができ、空間を広く感じることができます。

また、スリット状になっているので、見る角度によって目隠しの効果を生み出し、壁と壁の間に棚を付けることで、収納の役目を果たし、物を片付けることで部屋と部屋の視線を遮ることができます。

壁という概念を少し違う角度から見つめなおすことで、空間と空間を緩やかに繋ぐことを可能にし、広がりのある空間となるようにしました。

概要
作品名 守山のマンションリノベーション
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 滋賀県守山市
間取り 2LDK
設計から完成までの期間 6ヶ月
水本 純央

水本 純央

 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします