古城のような住宅


大阪市内南部に敷地はあります。

すぐ近くに古墳跡があり、早くから人が暮らしていたことが想像できる。

少し歩けば、活気ある商店街もあり、現在においても非常に住みやすい街だ。

市内としては比較的大きな敷地で、間口は7.7m、奥行は22m。

接道が北側につき、主要な空間を2階南側に集めた。

南端のサンルームは床をタイル貼りとし、インナーテラスの役割をはたしている。

それに続くリビング・ダイニングは吹抜を持ち、建物深くまで光が届くよう計画した。

エントランスホールは非常に大きく、大理石貼りとなっている。

人を迎えるこの空間は、緩やかな曲面壁に囲まれ、それに沿うよう配置された階段が上階へ導く。

階段手摺は、スチール製とし、有機的な曲線を描いている。

ファサードはタイルの曲面壁に囲まれる。北側には寝室、水廻りを集めているので、最小の開口となっている。

テーマは古城のように。いつまでも変わらぬ家になればと願う。

概要
作品名 サンルームと吹抜のある家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府大阪市
外壁 素焼きレンガ
構造 木造
延床面積 194.40 ㎡
ロケーション 市街地
設計から完成までの期間 1年
予算帯 4,000万円台

守谷 昌紀

夢は必ず実現する、してみせる。