敷地条件をポジティブにとらえた改修|リフォーム住宅


既存の住宅は大阪市生野区の密集する住宅地にありました。西側の通路は狭く、東、南側とも隣地が迫っています。採光不足の為、あまり使われていなかった1階を再生するには、直接光と風を取り込む必要があると考えました。

南端の中央部に屋根を貫く一坪の光庭を設ければ、光、雨、風を建物深くに取り込む事ができます。

また、二世帯住宅だった為、複雑だった動線を整理し、各階の用途をはっきりさせる事で、プランの効率化を計る事にしました。

1階、2階とも、内部に足を踏み入れると視線の先には光庭があり、緩やかに人を導く。1階には寝室、浴室などのプライベートな空間を、2階は書斎と繋がるLDKの一室空間のみとした。

既存の天井は撤去し、屋根面までの天井高を確保しています。

隠れていた構造体が表れ、部屋の表情は大きく変わります。強さを増した光は、半透明の床を透過し、1階へと光を伝えます。

だからこそ、光庭には生命力の強いカクレミノを植えました。隣り合う浴室からは、庭に降る雨や、揺れる葉を眺める事ができます。

この坪庭は、密集した住宅地で自然を感じる空間であると共に、この場に住まう象徴でもあります。これによって、光と風の環境を改善したのだが、ここにイロハモミジを植えています。葉の揺らぎ、木漏れ日が、視覚的、精神的な安らぎをもたらすと事を期待しています。

厳しい環境がゆえ、どうしても親密な外部を創造したかった。

クライアントから、長らく悩まされた雨だが、これからは葉に落ちる姿も楽しめそうという感想を貰っています。

概要
作品名 光庭の家(リフォーム住宅)
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府
延床面積 114.45㎡
ロケーション 都市部
設計から完成までの期間 7ヶ月
予算帯 1,950万円

守谷 昌紀

夢は必ず実現する、してみせる。