雨水を利用したエコハウス


江戸スタイルの家は内装に珪藻土・くりこま杉・月桃紙・羊毛の断熱材などの自然素材を使い、素材の持つ呼吸機能を利用して室内を快適な状態にするように配慮しています。

雨水を2トンのタンクに溜めてトイレの流し水に利用する他、夏場には屋根面と緑化した西側のネット壁面に雨水を流して、冷気を室内に取り込む簡易クーリングシステムを計画して夏を涼しく過ごす工夫をしたエコハウスです。

概要
作品名 江戸Style(スタイル)の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都世田谷区
栗原 守

栗原 守

自然素材を使って「呼吸する住まい」をテーマに設計しています