プライバシーを確保しながら多様で開放的な空間を


本計画は隣地間が狭い分譲地に計画されたプロジェクトです。 敷地周辺は住宅が密集しているため、プライバシーを確保しながら開放的な空間をつくり出すことは 難しい。

そこで、私たちは光溢れる2階部分にメインの空間を配置し、奥行のある開口部を設けることで プライバシーを確保しながら多様で開放的な空間を試みました。

まずは、プライベートな空間とオープンな空間を2つのBOXに分け、単純にその2つの空間を組合せた配置と外観にデザインを統一し、建主の生活に適した間取りと構造に配慮した空間を確保しました。 2階のメインの空間では水平だけでなく縦にも広がりを持たせ、奥行きのある開口部を介して外部との関係性をつくり出すことで、多様で豊かな空間をつくり出しました。

概要
作品名 松尾の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 滋賀県甲賀市
基礎 ベタ基礎
外壁 サイデング
屋根の形 ガルバリウム鋼板
設計から完成までの期間 1年
水本 純央

水本 純央

 私たちは”デザイン”を通して 世の中を豊かにします