かつての住まいの梁、無垢材、建具を再利用した住宅


50代後半夫婦二人の家 老後のことも考え、1階だけで生活できるようにプランニングしました。

旧W邸(およそ築100年)の梁を リビングダイニングに 再利用しました。

新築にはない落ち着きのある空間です。 他にも、かつての玄関式台は出窓ベンチに、 床の間の地板は2階の洗面カウンターに加工し、 欄間や建具も積極的に再利用しました。

かつての住まいの梁、建具を再利用するということは、家の記憶をつなげていくことになっています。

概要
作品名 古材が活きる家
ジャンル 一軒家 , 自宅
池田 真理

池田 真理

女性ならではの視点で、コツコツと住まいのデザインをしています