夫婦+子供2人の為の住宅


徳島県の鳴門市内にあるこの住宅は、比較的広い区画で仕切られた分譲地に計画された 夫婦+子供2人のための建築です。

周辺は、南側6m道路の斜め向かい側にアパートの出入り口と駐車場、東側には、駐車場を挟んで広い幹線道路、西側にも近い将来隣家が迫ってくる敷地は、好ましい眺望は望めない場所でもあり、周辺のコンテクストと同時に、この地の環境(気候・風土)を考慮しながら設計を進めました。

夫婦は大好きなミッドセンチュリーの家具や小物達に囲まれた生活を望まれた。 『住みこなせる自信など無いけど…』でも、手に入れたい自分たち流のスタイルです。

 『家』は、誰もが夢見る自分と家族の居場所です。 打ち合わせを重ねる度に、施主(夫婦)の期待と不安が交錯する想いが伝わってきました。

限られた期間とコストの中で、想いを受け止め、ステージ(空間)を創り出すことの楽しさ、苦しさ、冷静さ、一つの家族の想いが具現化した時、この仕事の悦びを仲間達と味わい、自分の居場所も見つけられた案件でした。

概要
作品名 project-49
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 徳島県
設計から完成までの期間 1年
久成 文人

久成 文人

デザインしたいのは、濃い時間です……