吹抜から光が降り注ぎ、風が抜ける明るい家


世田谷区内の閑静な住宅地に建つ木造住宅です。

敷地南側にアパートが建ち、東と西には隣家が接近し、 北側が道路に面する南北にやや細長い敷地です。

家づくりにあたって建て主の方が最も要望されたのは、 「陽当たりの良くない敷地ではあるが、明るく陽差しを感じる家」 「日常の生活の場は1階だけで過ごせる家」 「まだ小さなお子様の様子を家のどこにいても把握できる家」 というものでした。

そこで、南側に向いた家ではなく、空を意識した家を考えました。

家の中央部に2坪分程度の吹抜(トップライト)を設け、 ここから全ての部屋に光を採り入れると共に、 風が抜け、各室の自然な換気がとれる家としました。

概要
作品名 宮坂の家(天空光の家)
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都世田谷区
中川 龍吾

中川 龍吾

自然素材を活かした住宅の設計