土間でつながる 2 世帯住宅


丹沢の麓、七沢に建つ 2 世帯住宅です。

日本女 子大学住居学科の小谷部教授のコンセプトを 基に設計されました。

親世帯と子世帯の間に天井の高い広い土間が あり、そこは共通の居間であり、近所の人が 立ち寄る場でもあります。

それぞれの世帯に玄 関はありますが、土間に直接入る入り口もあり ますし土間から庭に出ることができます。

土間 では薪ストーブが配され、火を眺めてすごすこと もできますし、日曜大工から自転車修理までで きます。 2 世帯のコミュニケーションの場として考える だけでなく、単世帯の普通の住宅に土間が復 活することを予感しています。

概要
作品名 土間でつながる 2 世帯住宅
ジャンル 一軒家(2世帯) , 自宅
所在地 神奈川県
遠藤泰人

遠藤 泰人

さりげない工夫でバリアフリーの住宅を設計します