建築面積8.1坪の狭小住宅


建築面積が最大で8.1坪の狭小敷地ですが、広く、明るく、十分な収納と将来のお子様のスペースを考えた、シンプルでスタイリッシュな空間デザインが、ご要望でした。

敷地の長さを、室内空間に活かせるように、また、自然光が室内のどこにも入るように、という考えから、長方形プランの南側を、直角三角形の光井戸で切り取る平面計画となっています。

1階は個室と水廻り、2階にLDK、3階がフリースペースと個室+ロフトという階層です。

光井戸で分けられた二つのボリュームに、各階のスペースを振り分け、それぞれが光井戸に面することで、南隣に3階建てがありながらも、明るさが確保されています。

概要
作品名 ろじのさき
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都
構造 SE構法
磯村 一司

磯村 一司

あたたかくさわやかな暮らしのための上質な家づくり