コンクリート打放し大好きな施主の住まい


長さ19m巾2mの路地の奥にあるという超変型敷地での建て替え計画で、施主経営のワインバーと奥様のバレースタジオを併設する住宅です。 庭を囲むように2つの棟がL型に配置され、1階部分に店とスタジオ、2階部分に住宅、 屋上には施主の楽しみとしている露天の浴槽を置いています。

テーマとして、庭を中心とした各スペースの回遊性、開放感を楽しめること、 また、そのスペースに変化を持たせるということを考えています。7mの天井高のあるコンクリート打放の玄関ホール、 13mの長さを持つ浮き上がったフラットな居間の天井、トップライトやハイサイドライトなどの光の取込み方に変化をつけ、 1階から屋上まで真っ赤な螺旋階段、これらになどよりテーマを実現しています。

概要
作品名 路地が巡る家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都
磯村 一司

磯村 一司

あたたかくさわやかな暮らしのための上質な家づくり