傾いた壁がトップライトからの光を反射する家


この住宅は、夫婦と2人の子供の為に設計されました。

敷地は大阪市の市街地で、面積わずか43.21㎡(13坪)の狭小地です。

敷地周辺は、小住宅や、町工場や、小さな事務所ビルが調和なく共存している地域です。

この敷地に建っていた建主の以前の住宅は木造2階建てで、近隣も密集しており、住宅の中に光が入らない状況でした。

建主は、柱や耐力壁のない、できるだけ広いリビング・ダイニング・キッチンを要望し、住宅の中に、とくに家族が集まるリビング・ダイニング・キッチンに自然光が入ることを望んだのです。

まず、敷地面積が狭いことから、建物のヴォリュームは可能な限り敷地いっぱいとりました。

建主の生活スタイルから1階には夫婦の寝室・水周りを、2階にはリビング・ダイニング・キッチンを、3階には子供達の部屋を、そして屋上にはルーフテラスを配した。

構造上2階の道路側には大きな窓は開けられなかった。

そこで、3階のヴォリュームを建物の軸に対して14°振り、建物の外壁との間にできる隙間を吹抜けとした。

その吹抜けの上部にはトップライトを設け、2階のリビング・ダイニング・キッチンに自然光を落とすことにした。

また、3階の平面上14°振った2つの壁の内一方は、垂直に対しても傾かせ、階段と重なる部分は折り返され、折り紙やファセット(彫面)の様になっています。

この傾いた壁は、「当たり前さ」からの逸脱により人の感覚を自由にし、と同時に、その傾きの触覚や反射する光は新しい身体の感覚を誘発しています。

建物は近隣の建物とは完全に異なった白い箱です。

その建物に14度振った3階の筒状のヴォリュームが貫通したような外観になっています。吹抜けには片持ちの箱形階段が浮かんでいます。

概要
作品名 House in Tamatsu
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府大阪市
基礎 鉄筋コンクリートベタ基礎
外壁 窯業系サイディングの上水性ウレタン塗装
屋根の形 陸屋根
PB t=15 AEP塗装
パイン無垢材フローリングt=15㎜
構造 木造
延床面積 94.46㎡
ロケーション 都市住宅地
設計から完成までの期間 2000〜3000万円
井戸 健治

井戸 健治

光、構成、素材によって感覚を誘発