制約が厳しい三角形の変形地に建つ3階建の住宅


厳しい条件を克服した作品です。

三角形の変形地に、狭い前面道路の中心、準防火地域に風致地区の制限があります。

東側には鉄道が走り、遠景が望めるものの騒音のため積極的に開いていくことができません。

南側の隣家は迫り、前面道路の北側さえ、道路が狭いため向いの家がかなり近くに感じます。

 3階までいくと開放的なロケーションが望めるのだが、小さなお子さんがいることもあり、2階をLDKとした。ただし、条件は良くはありません。

3階との間に吹抜けを設け、上からの採光を取り込み、僅かな隙間に借景を求めるなど、立体的に全方向に振り分けて開放性を確保するよう努めました。

道路からの圧迫感を軽減するため、3層部分を後退させ2階を跳ね出させています。

軽快なイメージを出すためにパーティション的に扱った外壁のデザインが、ファサードの印象を決定づけています。

映画好きの施主の希望で、110インチの画面に映写する7.1chシアターシステムがリビングに格納されており、一変、シアタールームに早変わりするのも、この家の特徴の一つとなっています。

概要
作品名 LIMIT-T
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府大阪市
和泉屋 勘兵衛

和泉屋 勘兵衛

よく話し、よく作る