ハナレのある住宅


大阪郊外の新興住宅街にこの住宅はあります。

敷地はブロックの外れに位置した三角形の角地で、北西に広がる住宅群を背に、南北方向は、四季の変化を楽しめる緑の山肌を借景として望むことができます。

当然のことながら、この借景をいかに取り込むかがこの作品のテーマとなりました。

西側前面道路境界いっぱいに白壁を配置し、まずは風景をさえぎりました。

歩道から後退した1メートルの残地は、黒い砕石を使った石庭です。

壁にはひとつだけ開口を設け、格子戸がその向うの様子に期待感を持たせました。

壁に沿って内側には緑と路地が広がり、玄関ドアを開ければ坪庭が訪問者を迎えます。

このような展開があってリビングに侵入したとき、緑だけが切り取られた借景が空間いっぱいに飛び込んできます。

それはここが住宅街であることを忘れさせてしまう、そんな風景を専有することになるのです。

この住宅のもう一つの特徴として、“ハナレ”を有していることが挙げられます。

前庭と坪庭に面した渡り廊下のその先に、平屋の和室が用意されています。

ここには、将来ご両親との同居を見据えた、“ほどよい距離”へのこだわりが反映されています。

概要
作品名 彩庵
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府茨木市彩都
和泉屋 勘兵衛

和泉屋 勘兵衛

よく話し、よく作る