シンボルツリーのあるコートハウス


ご夫婦お二人のための住宅です。

四方がすでに密集した新興住宅街で、南側を含め借景は望めません。

そこで建蔽率40%という厳しい条件下から生まれる残地を、内側に大きく取り込むことで、陽の移ろいや四季の変化を日々の暮しに感じる事ができ、近隣からの視線や喧騒から遁れた“静”なる空間を作ろうとした。

北と南の二つの庭を延長された外壁で取り囲み、内部に暮らしの中心となるL.D.Kと主寝室(2階)を一体的に配置しています。

取り込まれた庭に対しては、内外の境界をあいまいにするために、ペアガラス製作最大寸法の大板を使用するなど大開口を設けているが、気密・断熱性能はフラット35Sの基準をクリアしています。

主暖房として深夜電力を利用した電気蓄熱床下暖房を採用しています。

概要
作品名 方庵
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 兵庫県神戸市
和泉屋 勘兵衛

和泉屋 勘兵衛

よく話し、よく作る