都市型狭小敷地の3階建ての家


都心の敷地18坪に建つ3階建ての住宅です。

建主の要望は「食事の時間を楽しめる空間」の唯一つでした。

細長い敷地いっぱいに確保した長方形ボリュームの2階に要望を満たす空間を計画するなかで、直線に配置されたキッチン-ダイニング-リビング間の距離感を調節することが最大の課題でした。

その解決方法として、8mの長さにおよぶロングテーブルを中央に設け、床に20cmの段差を2か所つけることにより、それぞれの空間で過ごす人の視線のレベルをそろえることにしました。

その結果、実際の距離よりも感覚的な距離を小さくすることができ、楽しいLDKが生まれました。

また、敷地周囲が建物に囲まれているため、あえて建物の南側中央にスケルトン階段を配置し、これを主たる採光のためのシャフトとして利用しました。

昼間は3階からの光が、階段を通して1階の玄関まで降りそそぎ、とても明るい家になりました。

この階段を中心にして、上下左右の間仕切壁の無い空間にすることで、温度差を利用した空気の流れを発生させ、思った以上に夏が快適になりました。

概要
作品名 テーブルの家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都中野区
間取り 3LDK
基礎 ベタ基礎
外壁 タイル
屋根の形 切妻
ビニールクロス
フローリング
構造 木造(一部RC造)
延床面積 89.29㎡
設計から完成までの期間 1年
予算帯 2,000万円台
阿部利道

阿部 利道

夏涼しく、冬暖かい家をつくりませんか?