ガルバリウム鋼板のローコスト住宅


この家は、京都のベッドタウンにあります。

大手ハウスメーカーに勤めていたご主人は、退社し、ウェブ上に『out of stock』という店舗を開きました。

商品は主にアンティーク雑貨です。

キッチン用品やキャラクターグッズ等をフランス、イギリス、アメリカの中古市を巡り買い付けに行きます。奥さんもアンティーク好きで、家族で買い付けに行くこともあるそうです。

求められたのは、ローコストで好きな雑貨に囲まれて暮らす家です。

主たる空間を2階に集め、リビング、ダイニング、キッチンが一体となる大空間とした。動線を出来るだけ減らし、小さくて大きな家を目指すためです。

キッチンは背面のカウンターと共にタイル貼りの造り付けました。夫妻のこだわりは細部にまで渡り、吊り戸棚のガラスは自らインターネットで探しました。

2階の一室空間は南の高い位置に窓を設けるため、片流れの屋根としています。

構造材を細かく、規則正しく配置することで、重量感を減らしました。

壁はペンキ仕上げ、天井は構造用合板、床材はパイン材の無垢フローリングを使用。安価でシンプルな素材がアンティーク雑貨をさらに引き立てています。

制作もののダイニングテーブルも、イームズのチェアもこの家に良く合っていると思います。

概要
作品名 アンティーク雑貨のある家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 京都府城陽市
基礎 コンクリート
外壁 ガリバリウム
屋根の形 片屋根
フローリング
構造 木造
延床面積 88.83㎡
ロケーション 郊外
予算帯 1,000万円台

守谷 昌紀

夢は必ず実現する、してみせる。