家の中央に光庭がある住宅


敷地周辺には、銭湯、路地が下町情緒を残す。

この住宅の特長は、構造体です。

柱が10cm角の小さな鉄骨で構成され、柱や梁のでっぱりが全くないので、より広く使えます。

玄関横の格子の後ろには中庭を配し、その上部からはポリカーボネイト(透過性のある樹脂板)のトップライト、格子状の床と光が1階まで落ちてきます。

2階への階段には、階段昇降機も備えています。

都会のまんなかで住まうひとつの形を提案出来たのではないかと思いました。

概要
作品名 10cm角柱の家
ジャンル 一軒家 , 自宅

守谷 昌紀

夢は必ず実現する、してみせる。