敷地の高低差が静かな大空間と中庭を生んだ住宅


この家は、京都の静かな住宅街にある。南北に長いの敷地は、道路から80cmほどの高さにあり、その段差を活かそうと考えました。

窓を高い位置に配置する(ハイサイドウィンドウ)ことによって、建物が道路の近くに建っていても、道行く人の気配はかなり薄らげることができます。

それらによって中庭を包むようなプランが成立した。

中庭と広く接するリビング・ダイニングは、開放的で外部との一体感のある空間となっています。

概要
作品名 高窓と中庭の家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 京都府京都市
間取り 3LDK
設計から完成までの期間 1年強

守谷 昌紀

夢は必ず実現する、してみせる。