築74年の元長屋を光と風を|リフォーム住宅


この計画はテレビ番組からの依頼で始まった。

6軒長屋が切り離され、中央部だったこの家だけが残ったが、築74年になり雨漏りが酷くなっていた。

両隣には5階建てのマンションが建ち、光も入らず過酷な環境であったが、多くの家族が育ったこの家を、クライアント姉妹が何とか守りたいというのが動機だった。

雨漏りが酷かった部分は、増築によって屋根形状が複雑になっていた箇所。対策としては、屋根を片流れとし、雨水の流れを単純なものとした。

また、腐食が激しい躯体は、新しいものにやり替えています。

屋根形状の変更によって生まれた壁に高窓を設け、2階中央部にも光と風を届けています。

さらに、玄関から最奥の和室まで、防犯を保った上で、風の通り道を確保しているのも大きな特徴です。

間口3.8mに対し奥行16mと縦長の敷地で、使いやすさを考えると、主要な生活空間を1階、道路側に集める必要があった。

それらの空間にも光と風を届ける為、中央部付近に光庭を設けるプランとしています。

これによって、光と風の環境を改善したのだが、ここにイロハモミジを植えています。

葉の揺らぎ、木漏れ日が、視覚的、精神的な安らぎをもたらすと事を期待しています。

厳しい環境がゆえ、どうしても親密な外部を創造したかったのだ。

クライアントから、長らく悩まされた雨だが、これからは葉に落ちる姿も楽しめそうという感想を貰っています。

概要
作品名 住之江の元長屋改修(リフォーム住宅)
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 大阪府大阪市
間取り 3LDK+クローゼット
基礎 コンクリート
外壁 ガルバリウム
フローリング、コルクタイル、畳
構造 木造2階建て
延床面積 96.84㎡
ロケーション 都市部
設計から完成までの期間 6ヶ月
予算帯 1億5,000万円

守谷 昌紀

夢は必ず実現する、してみせる。