軒が深いから「おいでよHOUSE」‐10‐パジャマのままで朝日を浴びて|家結びブログ

サブタイトルサブタイトル

「おいでよhouse」は引越しから2週間が経ちました。

新しい日常の風景を、奥さんが送ってくれました。

守谷昌紀20210604_2(家結びブログ)

こちらのお家は、延べ面積が丁度100㎡なので30坪。

大阪市内で拘って家を建てるなら、ひとつの基準になる大きさと言えます。

守谷昌紀20210604_3(家結びブログ)

LDKの天井高は約4m。ハシゴでロフトとつながります。

約25坪の敷地を、いかに立体的に使うかを考えました。

長男君はこの場所でパジャマのまま朝日を浴びるのがお気に入りだそうです。

守谷昌紀20210604_4(家結びブログ)

次男君はロフトでテレビを見るのがお気に入りと。

この場所をお父さんが狙っているという話もありますが……

そんな寸劇も含めて、どんどん楽しいお家になって行くはずです。

クライアントはご夫妻ですが、すでに成熟した大人です。

反対に、お子さんはここで暮らし、成長して行く過程にあり、責任としては大きなものがあると思っています。

話をした回数は限られていても、創り手の意思を敏感に感じとってくれることが多いのです。

長男君が気に入ってくれた東向きのハイサイドは、減額で無くなる可能性もありました。

私としてはここは何と死守したいと思っていたのですが、頑張った甲斐がありました(笑) 

撮影は梅雨明け頃の予定。6月に入ったばかりですが、すでに7月が待ち遠しいのです。

文責:守谷 昌紀

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

久和原 忠

大阪を拠点に活動している建築設計事務所。