「THE LONGING HOUSE 」‐10‐真剣レッドシダー|家結びブログ

サブタイトルサブタイトル

2月下旬に高性能断熱材の現場発泡硬質ウレタン吹き付けが完了。

最難関のヘリンボーン貼も3月中旬に終了しました。 

現在は内部造作と並行して、外部工事もピッチが上がっています。

守谷昌紀20210511_9(家結びブログ)

メインエトランスは道路から見て左の車の後ろ辺り。

守谷昌紀20210511_11(家結びブログ)

そこへ至るアプローチをどうポジティブに解釈できるかが、プランの成否をを分けると考えていました。

守谷昌紀20210511_12(家結びブログ)

エントランスホールと繋がりますが、この付近までが暗くなりがちなエリアです。

上階からの光をどれだけ届けられるかに腐心しました。

守谷昌紀20210511_13(家結びブログ)

階段側面も、出来る限り光を遮らないよう壁は無くしました。

守谷昌紀20210511_1(家結びブログ)

細い鋼材で、階段を吊るようにして支えています

守谷昌紀20210511_10(家結びブログ)

階段を上がると、各個室を結ぶ2階廊下にでます。

この部分に光庭を設け、階段を通して1階エントランスホールと路地状のアプローチに光を供給しているのです。

守谷昌紀20210511_5(家結びブログ)

こちらは子供部屋専用の光庭。 

周辺には店舗や高いマンションが多く、プライバシーを保ちながら、十分に光を確保するために考えました。

その価値を十分確認できたのです。

守谷昌紀20210511_6(家結びブログ)

アプローチから見上げると分かり易いでしょうか。

手前の軒裏に張られているのはレッドシダーです。

守谷昌紀20210511_4(家結びブログ)

ファサードの開口横も縦張りのレッドシダー。

守谷昌紀20210511_7(家結びブログ)

ライアント拘りの箇所につき(拘りのない箇所などありませんが!)、並びまで確認して貰って工事に入ったのです。

が、軒裏の方はそこまで繊細な打合せができておらず……

実はファーストトライでは上手くいかず、クライアントに再度材をセレクトして貰ったのです。

守谷昌紀20210511_3(家結びブログ)

自然素材につきなかなかご希望に沿えずでしたが、対象面積の4倍ほどの材を取り、1枚1枚選んで貰いました。

守谷昌紀20210511_2(家結びブログ)

こちらがいわば1軍。

しっかり変化があり、しかも単調にならないよう。クライアントも現場もまさに真剣です。 

守谷昌紀20210511_8(家結びブログ)

その結果がこれです。

土木工事並の擁壁、現場発泡硬質ウレタン吹き付け、ヘリンボーン、そしてレッドシダー。

手がかかる子ほど可愛いと言います。

拘りもマックスなら物語もフルコース。最終の景色がおぼろげながら見えてきました。

もう可愛いことは間違いないのです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇一級建築士事務所 アトリエ m◇
建築家 守谷昌紀のゲツモク日記
アトリエmの現場日記

久和原 忠

大阪を拠点に活動している建築設計事務所。