予算とのバランス調整はじっくりと!|家結びブログ

昨日も、一日、家創りの打ち合わせでした。

午前中の打ち合わせでは、

基本設計の最終打ち合わせ。

キッチンやユニットバス、トイレなどの仕様を決定していただいたり、

検討していただいた、スイッチやコンセント位置を伺ったり。

現段階の工事費を共有したり。

しっかりと確認をさせていただきました。

内容はしっかりと決めていただいていたので、

いよいよ工事に向けた詳細図を作成していく、

実施設計に入っていきます。

許認可の関係で、着工は、4月になるのですが、

着工をスムーズに進めれるよう、

図面や金額の調整については、早めに準備しておく流れです。

少し時間に余裕はありますが、

一歩ずつ前へ進めていく予定です。

午後の打ち合わせでは、

基本設計の段階での概算見積書を提示しました。

スタートした当初からすると、

結構な金額アップしている状況でした。

何をどう変更したことで、どれだけアップ、ダウンしたのかを

一通りご説明した後、減額案についてもお話しました。

金額をご覧になって、びっくりされていましたが。。

このプロセスで大事なのは、

その金額に一喜一憂するということではありません。

いろんなこだわりを盛り込んできたのですが

この家創りで、何が譲れないのか、

その金額を見ながら、絞り込んでいくことが大事です。

ご予算に際限なければ、すべて盛り込んでもよいのですが、

その辺は、バランス感覚が重要。

とっても重要なプロセスですので、

しっかりと寄り添いながら、一緒になって、

ご予算へ着地できるようサポートしていきます。

じっくりと。

一歩ずつ。

着実に。

納得の家創りをしていただくために!

ナイトウ タカシ

ナイトウ タカシ

「らしさ」を引きだして、カタチにします。