旗竿敷地に建つ、空を見るリビングとインナーテラスがある住宅


住宅地の中にある旗竿敷地に建つ住宅。

「周囲を気にせず窓を開けて過ごせる、開放的で風の抜ける住まいにしたい」との要望からです。

寝室や水廻りといったプライベートな空間を1階に、ホールを中心にコンパクトにまとめ、2階に広く天井の高いオープンなLDKを計画した住宅です。

敷地の四隅に空地を設けて周囲の変化に影響されない風の流れを作り、LDKはハイサイドサッシを両側に設けることで、常に空を見ながら風の流れる環境を作っています。

リビングには竿敷地から前面の緑を見る大開口をつくり、室内にいながら外を感じるインナーテラスやゲストや子供のためのコーナーも併設し、家族の変化にあわせて変化も楽しむ住まいとなっています。

概要
作品名 町田M
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都町田市
間取り LDK、プレイコーナー
基礎 ベタ基礎
外壁 ガルバリウム鋼板、サイディング
屋根の形 片流れ
珪藻土クロス
無垢板フローリング
構造 木造軸組金物工法
延床面積 110.69㎡
ロケーション 住宅地、旗竿敷地
設計から完成までの期間 1年2ヶ月
一條 美賀/一條 太郎

一條 美賀/一條 太郎

こだわりを大切に。住まうことが楽しい快適住宅を