リビングに街を取り込む住宅


荻窪のとあるバス通りに面した小さな家です。

すぐ近くに環八がある事もあってか、交通量が非常に多く、住宅地としてはやや忙しない印象です。

家が小さいと、そんな環境も含めて外がとても近く感じます。なので、家全体が窓辺であるようにしたいと考えました。

空間に対して窓を大きめに設え、かつ、室内側に内庇を設けています。

そこに立つと、家の中というよりも街にいる気がしてきます。

街との狭間に居場所をつくり、街と繋がる、小さくない家が出来上がりました。

概要
作品名 窓辺な家
ジャンル 一軒家 , 自宅
所在地 東京都杉並区
基礎 べた基礎
外壁 モルタル+吹付け
屋根の形 切妻
塗装
シナ
構造 木造
延床面積 68.88㎡
ロケーション 住宅街、バス通り
松下 慎太郎

松下 慎太郎

"建築が出来上がるまで"を楽しみ"建築が出来上がったあと"を楽しむ