中庭のあるRC造と木造棟を一体としてデザインした2世帯住宅


鹿児島市の中心部に近い、区画整理地に建つ2世帯住宅です。

敷地分割が必要とされた事と、建築コストを考慮した結果として、構造の異なる、独立した2棟を設計する事となり、鉄筋コンクリート造と木造棟を一体として表現する事が、デザイン上の重要なテーマとなりました。

また、プランニング上は、それぞれにプライバシーの高い中庭を設け、採光と空間の広がりを獲得しています。

概要
作品名 薬師の住宅
ジャンル 一軒家(2世帯) , 自宅
所在地 鹿児島県鹿児島市
構造 鉄筋コンクリート造3階建 + 木造2階建
延床面積 372.39㎡
田村 孝典

田村 孝典

機能とデザインの調和を目指します