Iさんのオークのガラリ扉と棚板

家結びセパレートのオーダーキッチン、玄関収納に続いて、今日はキッチンのパントリーを隠すガラリ扉(ルーバー扉)と廊下に棚板をつけてきました。
ルーバー扉と言っても、扉を吊り込むだけではなく、パントリーの壁もオークの突板で化粧をしたので、壁の中にオークの大きな箱が埋まってしまった感じで、キッチンと相まってとても温かな雰囲気になってきました。
棚板も支えがなく宙に浮いているように見せるためにちょっと工夫をして施工。シンプルに見えてもなかなか大変なのですが、こちらもきれいに納まってひと安心。

あとは最後の大きな家具、テレビボードです。
これから一生懸命作って、10月半ばにはお持ちできる予定です。Iさん、お楽しみに。

プロフィール

今井 大輔(フリーハンドイマイ)

注文家具屋 フリーハンドイマイ

私たちが作るのは、注文家具です。たった一枚の棚板にも、作る人・使う人の思いが込められています。
ふっと何気なく戸棚の扉を開けた時、
「あっ、これが注文家具なんだ・・・。」
と言ってくださった方もいらっしゃいます。

私たちが作るのは、注文家具です。私たちが提案するのはその家具がお部屋に運ばれたあとの暮らしです。使うその人の暮らしを演出し、また永くつきあってゆけるものを私たちはつくり続けています。

今井 大輔(フリーハンドイマイ) さんの記事

  • チェリー柾目の魅力

    チェリー柾目の魅力

    先日取り付けた三鷹のOさんの食器棚。久しぶりにアメリカンチェリーの柾目の突板を使いました。 チェリーという木目の印象や色を好まれるかたには、なるべく一度お伝えしているのが「...

  • ちがう形

    ちがう形

    いまさらながら、全部ちがう形だよねって。 同じ形なら作ることは簡単になってくるのかもしれないけれど、少しずつみんな違うことが当たり前なのでやっぱりそれを形にするのは大変...

  • アイアンとタモのテーブル

    アイアンとタモのテーブル

    昨年末、クレミルに来てくださってその時にこのテーブルの質感を見て頂いて、オーダーくださったIさん。先日そのテーブルをお送りしまして、ようやく椅子が揃ったということで写真をお...

関連する記事