1枚の絵からはじまるインテリアコーディネート

家結び.COM

こんな感じのお部屋にしましょうか、という
1枚のスケッチから
インテリアコーディネートの打ち合わせはすすんでいきます。

最初はラフな考えから、

家具の色はどれにしようとか
照明の位置はどうしようとか
棚のサイズは何センチにしよう

なんていうふうに
具体的なことをひとつづつ決めていきます。

そうやって決定したプランに沿って納品します。

最初のイメージスケッチと「変更」する部分ももちろんあります。
でも、おおざっぱなところでいえば
だいたいのお客様は
最初のイメージをそのまま引き継いだ内容でご決定となります。

家結び.COM


変な棚をスケッチに描いたとしたなら、
そう、実際にもその棚は出来ていくのですし、

家結び.COM

格子の扉の絵を描いたのなら
実際に格子の扉が製作されるのです。

この納まりはちょっと変態!とかいいながら(笑)

家結び.COM



このように1枚の絵からスタートして
家具もカーテンも照明もインテリア小物も・・・と、お部屋が出来上がっていくのを見るのは
とっても楽しいですし、
お客様が喜んでくれるのがとても嬉しいのですが

納品したときにお客様はやっとお部屋のイメージが出来ますが、
わたしたちインテリアコーディネーターの頭の中では
スケッチを描き終わったところですでに部屋は完成しているのでした。

あ。

それでね。

私はいつも思うのです。

あなたがもしインテリアコーディネーターだとしたらですよ

パースを描かないでどうする!

パースが苦手です。
パースがうまく描けないんです。
って、そう言う人は少なくないかもしれません。
わたしだって苦手ですよ?

でも、描かないでどうする。



上手に描こうとしなくても大丈夫ですよ!

例えば打合せの最中、お客様がトイレの壁紙で悩むとします。
正面だけアクセントで赤い壁紙にしてみようかしら・・・
変でしょうか・・・
とか

側面の壁にタイルを貼ったほうがいいでしょうか・・・
あー・・・イメージできなくてわかんないです

・・・なんていうことがあるとしますよ、
そんな打合せをしながら手を動かして
こんなふうにスケッチを描けばいいんです。

家結び.COM

それだけで、打合せが弾むでしょう?
こんなスケッチ、その場で20秒で描けますから。

描こうぜ、同業者諸君。

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事