「水の色と雲の白 NATURAL STYLE LIVING」神奈川県相模原市S様

家結び.COM

ご主人様のご実家をリノベーションして2世帯でお住まいになるS様。

施工の工務店様がすでにお決まりでしたので
プランニングとデザインのみでご依頼をいただきました。

家結び.COM

天井が折り上がっていて、広々とした印象のリビング。
アクセントの水色の壁は、
「パリの朝」という素敵な名前の色の塗料でペイントされています。

家結び.COM

家結び.COM

家結び.COM


オープンキッチンの向こう側にあるワークスペース。
カーブを描いたアーチ型の垂れ壁はご主人様のこだわりポイント。

家結び.COM

スっと浮いたテレビボード。

家結び.COM

(造作家具の扉塗装手直し前の画像です(汗))

家結び.COM

家結び.COM

jay blueお得意の(?)リボンをつけたシェードカーテン。
裾をフリルにして可愛らしくしました。
女の子の帽子の様でしょう?

家結び.COM

ニッチ(壁をくぼませたところ)にモザイクタイルを貼りました。

家結び.COM

時間帯によって色合いが全然違うように見えますよね。

家結び.COM


ステンドグラスを壁に埋め込んだのは、奥様のアイデア。

家結び.COM

夕陽に照らされたオレンジ色の光が射しこんでいました。
夕方は穏やかで懐かしい気分に包まれます。

家結び.COM

別の時間帯の爽やかな印象。
水色がとてもきれいに見えます♪

家結び.COM

黒いペンダント照明が、かっこいいでしょう?

家結び.COM

家結び.COM


小さなおうちのモビールを天井からぶらさげて・・・。

家結び.COM


なにげない、納まり。

家結び.COM


色鮮やかなファブリックを椅子の張地に選びました。

家結び.COM

おおぶりなグリーン(イミテーション)のリースを飾って
ナチュラル空間を演出。

家結び.COM

盛岡の「釜定」さんの鍋敷き。

家結び.COM

トイレには輸入壁紙でアクセントをつけています。

家結び.COM



洗面室は既存の収納を活かしながら
新しい洗面台(オーダー)にチェンジしました。

家結び.COM

家結び.COM

(小口、処理前の画像です(汗))

古い収納と新しい収納を違和感なくつなぎ合わせる
コラベルタイル。
渋めの色です。

家結び.COM

玄関の窓は、
市松模様のシェードに新しく付け替えさせていただき
小物を一式揃えました。

家結び.COM

小さなアート。

家結び.COM

家結び.COM




元々はこのようなリビングでした。

家結び.COM


そして生まれ変わったお部屋。
とはいっても、すべてがピカピカの新品になったわけではありません。
元々あったものを残しながら・・・
新旧がほどよくブレンドされたお部屋になりました。

家結び.COM

S様、ありがとうございました。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
interior DATA

インテリアコーディネート/interiorworks jay blue
戸建て2階建て

<<インテリア>>
●ソファ/カリモク
●ダイニングテーブル/S様お手持ち
●ダイニングチェア/ニッシン木工
●センターテーブル/ニッシン木工
●窓回りカーテン/サンゲツ ニチベイ TOSO(アド装飾) 
        FUGA サラダ(CB SOWM)
●インテリア小物/東京堂 IDEE’ WASABI ZARA HOME  よしおかれい リフリン ほか


<<内装工事>>
オーダー特注家具/テレビボード・食器棚・リビングボード 無垢材に塗装仕上げ
リビング水色の壁/ルナファーザー下地+ROOM BLOOM「RB-25PB35パリの朝」ペイント
トイレアクセント壁紙/テシード SY40900
各個室アクセント壁紙/サンゲツ
その他の壁/すべて漆喰
モザイクタイル/名古屋モザイク工業
照明/オーデリック 他

施工:S様お手配の工務店様

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事