インテリアコーディネーター資格は5年ごとに更新が必要です

家結び.COM

インテリアコーディネーターという資格があります。
私は1998年に取得しました。

この資格は5年ごとに更新が必要で、
更新の手続きをしなかった場合は、資格を失効してしまいます。


最初のころは、
講演だかセミナーの聴講が義務付けられていて
有楽町の東京国際フォーラムかなんかに行って
そこで手続きをするっていう、
更新するのに半日がかり?だったような記憶があります。
それがいつのまにか、
レポートを提出したらOKだったり
e-ラーニングとかっていうインターネット上でいくつかの講義をうけて
終了(クリア)したら更新出来る、みたいなふうに変わっていって。
今回また5年ぶりに届いた更新手続きのお知らせの封筒を開けてみれば
ついに、なんと、

資格取得後15年目以上の人は研修免除

って書いてありまして。
つまり、更新料を払うだけでOKなんだそうだ。
なんもしなくていいの♪
お、お、おうっ♪
ずいぶんとラクになったもんだ!

・・・って一瞬、喜んだのはつかのまで
あー、なんか、わたしも歳をとったんだなぁと
そんなふうに思いましたです、はい。
(ショボン)

あ、昨日は誕生日でした。
自分が何歳になったのか(マジで)もう、わかりませんw

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事