木目の印象

家結び.COM

家結び.COM

Oさんからご依頼頂いているリビングの家具がおおよそ完成。
今回は、珍しい木柄で作っているのが特長。

揺らぐようなナラの柾目の印象を出すために、突板屋さんといろいろ相談して、柾目だけだといくつかのロットを混ぜてもそれほど違いは出しにくいということで、2種類の追い柾に近い木目を使って、部分的にタケノコを半割りにしたりして、揺らぐような表情豊かな柄に仕上げました。

一般的に突板と言うと、うすくなった木と言うイメージになりがちですが、張り方、見せ方によっては無垢材では難しい表現も可能な素材。
幾何学的に並べたり、そのままの成り立ちを表現したり。
そこにおもしろさがあるのですね。

続いて、ようやくオヌマさんから仕上がってきた鉄のフレームに合わせて、デスクを製作の予定。
Oさん、お待たせして申し訳ございません。
もうしばらくお待ち頂ければ幸いです。

頑張ります。

プロフィール

今井 大輔(フリーハンドイマイ)

注文家具屋 フリーハンドイマイ

私たちが作るのは、注文家具です。たった一枚の棚板にも、作る人・使う人の思いが込められています。
ふっと何気なく戸棚の扉を開けた時、
「あっ、これが注文家具なんだ・・・。」
と言ってくださった方もいらっしゃいます。

私たちが作るのは、注文家具です。私たちが提案するのはその家具がお部屋に運ばれたあとの暮らしです。使うその人の暮らしを演出し、また永くつきあってゆけるものを私たちはつくり続けています。

今井 大輔(フリーハンドイマイ) さんの記事

  • イベント「クレミル」ワークショップについてお知らせです。

    イベント「クレミル」ワークショップについてお知らせです。

    私達の工房で毎年行う小さな展示会と工房開放の日「クレミル」。 ワークショップのお知らせにご応募いただきましてありがとうございました。 12月2日(土)・9日(土)シルバーリン...

  • 台

    私が埼京線に揺られて辿り着いた、南与野のUさんの長い長いリビングの採寸を背伸びしてプルプルしながら行なっている頃、ノガミ君たちは船の窓を構成するパーツを施工するための作業...

  • 声をかけて頂く

    声をかけて頂く

    先週お邪魔させて頂いた目黒のIさんの間仕切り収納と机のある家具と本日お伺いした小金井のIさん。設計士でもある目黒のIさんに作らせて頂いた最初の家具を納品してからもう4年も経...

関連する記事