ウォークインクローゼットの中こそ、白くない壁に!

家結び.COM

デニムの(デニム風の)壁紙を見つけまして、
ご提案をさせていただきました。
男の子っぽくてかっこいいでしょう?
木目柄の壁紙と組み合わせて
ウォークインクローゼットの中に施工してもらいました。

家結び.COM

正面にある細長い小窓にも
デニム風な生地でカーテンバランス(上飾り)をつけて一体感をだしました。
ここはご主人様のウォークインクローゼットでした。

ちなみに木目柄の壁紙は男性に人気が高くて、
こちらの案件でもご主人様がぜひにとお選びいただいています。

「PINK!PINK!」埼玉県さいたま市O様

そして隣に面している
奥さまのウォークインクローゼットには
ピンクの壁紙をご提案させていただきました。
窓にはリボンの形の上飾りをつけたカーテン。

家結び.COM

リボンの中にはふんわりと綿を入れてあります♪
かわいいでしょう!?

家結び.COM

ウォークインクローゼットの中は
まぁ収納といってしまえばそれまででして
機能一辺倒でいいのかもしれませんが
白い壁紙で味気ないよりも
楽しい壁紙を選んだ方が
テンションあがりますよね?
クローゼットが自分専用のブティックのようになります。
ぜひ楽しんでみてください。

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事