季節にあわせてインテリアも模様替えをするといいよね、っていう話です

家結び.COM

夏から秋に季節が移り変わると
クローゼットの中を衣替えしたくなります。

半袖のワンピースはしまって
ウールのワンピースを引っ張り出してみたり、
あぁ、こんな服、持ってたっけ、
でも去年もおととしも・・・着なかったな
これは処分しちゃおう、とかね。

で。
せっかくなので、
インテリアもちょいと模様替えして
秋冬に備えませんか、っていう話です。

例えば、クッション。
例えば、スリッパ。

爽やかで涼し気なブルー系から
暖かみを感じさせるオレンジやらブラウンやら
なんかそういうものに変えてみたりとか。
モフモフしたものにしてみるとか。

まぁまだちょっと暑い日もあるので
今すぐじゃなくていいんですよ。
少しづつ、少しづつ・・・季節は変わりますから
ゆっくりと準備をしてみましょう、っていう話です。

毎日の食卓にあがる食器なんかもね、
有田や京焼とか染付の青磁から
織部や益子なんかの陶器の器に変えるだけでも
季節感が変わるでしょう?
っていう話です。

観葉植物の横に、ちょこんと松ぼっくりやドングリを置いてみたりとか。
っていう話です。

で、衣替えの話に戻るのですが
毎年毎年同じことを思います。

えー、全然洋服もってないー
去年、あたしゃぁいったい何を着ていたんだ

その繰り返しです(笑)
私の服のサイズはMです、9号です、38です、身長160センチです。
プレゼントしてくださる際の参考にどうぞ。
っていう話です。

いや、ウソです(笑)

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事