トークセミナー「塩系インテリアの簡単レシピ」

家結び.COM

パナソニック様主催の、インテリアセミナーに登壇させていただきました。
今、流行りなのでしょうか「塩系インテリア」という言葉をよく見かけるようになりました。
それで「ぜひこの、塩系インテリアのコーディネートの仕方などをお話してもらえませんか」というオーダーを頂いたのです。

家結び.COM

たくさんの方にお越しいただき、大緊張な中で80分間、おしゃべりをさせていただきました。
こんな構成にしました。

家結び.COM


過去、どんなインテリアが流行ったんだっけ?
・・・というトレンドプレイバックをまずは懐かしんでいただき、
1960年代、1970年代、1980年代、1990年代・・・と順番に。
家結び.COM

(この資料をつくるために、古本屋をめぐり、昔の暮らしを再現している博物館に写真を撮りに行きましたよw)
そして、いろいろひっくるめて「塩ブーム」来てましたよね、の流れから、
インテリアの世界にも「塩」がやってきて・・・
家結び.COM


「塩系インテリア」とはなんぞや?
どういう部屋を「塩系インテリア」って言っているのか、という事例から、
「塩系インテリア」をつくるには何をどう選べばいいのか?という本題へ。

家結び.COM

そんな構成のセミナーでございました。
ちょっと難しい「イノベーター理論」なんていうマーケティング用語の説明もしましたが、
全体的にはなるべくわかりやすく簡素にまとめた(つもり)の80分です。
パナソニックの担当者様、セミナーを聞きに来てくださった方々と、パチリ。

お越し頂いた皆様、パナソニック様、どうもありがとうございました

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事