東京ステーションホテル

家結び.COM

東京ステーションホテルの3094号室に宿泊した際の、インテリアのご紹介です!
お部屋に入った瞬間に感じるのは「クラシックで素敵ー」「天井が高いー」でした。
そして、東京駅の丸の内南口の真上に存在するホテル、行きかう人の人数と離発着する電車の半端ない本数にもかかわらず、室内はびっくりするくらい静かです。

家結び.COM

宿泊カードキーを持っている人しか入れないフロアの、長い廊下を突き進んでいきます。

家結び.COM

お泊りしたのはこのお部屋。

家結び.COM

壁の丸いミラーがおしゃれでしょー。
メタリックな縁のパイピングと、シェルっぽい輝きのするミントグリーンの放射線状。

家結び.COM

コーナーに設けられたラウンジチェア。
スタンド照明と額装、シャンタン生地のクッションという組み合わせのセッティング。
壁のモールディングのデザインがこの部屋のインテリアのキーポイントかもしれません。
壁はすべて塗装仕上げ、モールディングは艶無しマットで木目塗りつぶしです。

家結び.COM

室内のアートは、ボダニカルの額装が1点でした。

家結び.COM

カーテンはエレガントモダン。
遮光裏地もしっかりついています。

家結び.COM

チェルシーインターナショナルさんのタグがついてました。
家結び.COM

ちなみにドレープカーテンのサイドは壁にマジックテープで固定されていました。
家結び.COM


シアーは、てろっとした麻っぽいやつ。
家結び.COM

ボルスタークッション。細長い丸でコロンとかわいい。
白く清潔なピロー(枕)

家結び.COM

ベッドスローは、表と裏で色違いのファブリックが無双縫製され、折り返してセッティングすることでかっこよく演出されていました。

家結び.COM家結び.COM

カットパイルの緻密なカーペット。
家結び.COM

家具関係はブラウンカラーでヨーロピアンクラシック系。
取っ手のシルバーがリボンになっていて可愛らしい♪
家結び.COM家結び.COM


ウロチョロするわたし。
ほどよく人物がブレるよう動く速度を調整しての、セルフタイマー撮影。
私、空間に人物が写り込んでいる写真が好きです。

家結び.COM家結び.COM

で。
早く動きすぎるとこうなる。
「足だけオバケ」
・・・の失敗例。

家結び.COM
・・・って、なにやってんすか(笑)



ミントグリーンとブルーの、気持ちい空間。
家結び.COM

レザーで仕立てられたキルティングのヘッドボードは2メートル越えの高さまで。
天井も高い部屋なのでより広々した印象、豪華な気分になれます。
家結び.COM家結び.COM

え、外の景色が見たいですか?
眼の前がKITTEでしたよ。
家結び.COM


廊下のクローゼット扉を開けると、ミニバーです。
家結び.COM家結び.COM

そんなに珍しいものが入ってなかったので、「わぁ~♪」みたいなテンションのあがりは、ない。
(ちなみにミニバーの豪華な感じでいえば、わたし至上いまのところザ・リッツカールトンがダントツです)

家結び.COM

ふ~ん。



水回りに参りましょう。

家結び.COM

チャコールグレーの石貼りカウンター。
大きなミラーはブラウンの木製で額装されたもの。
向かって右手がバス、左手がトイレ。

家結び.COM

バスルーム。
頭上にレインシャワーがついてます。
これ、アカンやつです、絶対に「わぁ!」って水をかぶっちゃううパターンです。
・・・そう思うから、蛇口をひねる時はすっごく慎重になるのですが、それでもやっぱり、いっつも私、「わぁ!」ってかぶってしまうんですよ。
だから私は「天井固定のレインシャワーなんて不要論者」です。
要らんです(笑)
(今回も濡れました・・・・)

家結び.COM

石のカウンターの角の形状がかわいすぎました♪
家結び.COM

石に合わせて、下のキャビネットもデコシャコと加工されていて、さらにかわいい。
こういう細部、好きです。
家結び.COM家結び.COM



ところで。

ベッドサイドに置いてあるメモ帳が、原稿用紙柄。
こんなちょっとしたのがかわいいよね。
家結び.COM

以上、3094号室でした♪
ばいばい、またね。

家結び.COM

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

  • 「月夜の雑木林」埼玉県さいたま市S様

    「月夜の雑木林」埼玉県さいたま市S様

    マンションリビングのコーディネートをさせていただきました。 夜の闇に浮かぶ月・・・ ざわざわとさんざめく雑木林の葉っぱがこすれあう音・・・ そんなイメージから ネイビー...

  • くまモンのコースターと、感謝の気持ち

    くまモンのコースターと、感謝の気持ち

    可愛いでしょう? 九州からクマモンのコースターが届きました。 踏んづけて濡らしてしまうのが なんだかもったいなくて・・・ コップが上に置けないwww ちょっとしたものが郵送で送...

  • 民泊のお部屋のコーディネート

    民泊のお部屋のコーディネート

    民泊のお部屋を整えさせていただきました。 来週にまたご紹介させていただきますね! 今日はこれだけのブログなんです。 昨日はそういえば更新が抜けていました! 今週はボロ...

関連する記事