軽井沢Tさんの家の暖炉 ~ 暖炉のある風景

暖炉のある風景。

軽井沢Tさんの家は、暖炉。
コンクリートの架台に、スチールでフードをデザインしています。
やっぱり、いいですね~

家結び.COM

火を愉しむ!
という意味では、際立ってよいのですが、
燃焼効率は悪いです・・(;^_^A

ジャンジャン燃やせば、それなりに暖まると思いますが、
開放されていますので、薪の消費もそれだけ早くなります。

家結び.COM

暖炉や薪ストーブは、とにかくレイアウトが一番難しいのです。

テレビがあって、
景色もあって、
その上、「火を愉しみたい!」

どうしたらいいんだ~という感じですが、
Tさんの家では、暖炉とテレビ台をデザインして、
同じ面で見せています。

家結び.COM


そして、暖炉のコーナーを開放させることで、
火と景色を一緒に眺められるように~

床暖房がある今の時代、
純粋に「火を愉しむ」のも、よいのではないでしょうか!

プロフィール

アトリエ137一級建築士事務所 鈴木宏幸

東京・恵比寿で設計事務所を主宰

美しい家をつくりたい!
東京・恵比寿で設計事務所を主宰。自然素材を大切にしたモダンデザインの住宅を多く手掛けています。家づくりのプロセスや建築のことはもちろん、好きな映画や音楽、日々感じたことなどを綴っています。


建築家 鈴木宏幸のBLOG。
http://ameblo.jp/atelier137/

アトリエ137一級建築士事務所 鈴木宏幸 さんの記事

関連する記事