地震発生確率や予測震度を即時解析、地震危険度評価ツール「ココゆれ」

大和ハウスは、2012年11月3日より、戸建住宅の購入を検討しているお客さまに対し、建設予定地での地震発生確率や予測震度などのリスク情報を即時に提供する地震危険度評価ツール「ココゆれ」(※)の本格運用を開始すると発表した。

ココゆれ

家結び
「ココゆれ」は、任意の地点を選択入力することで、5年先から50年先まで5年単位の、震度(5弱以上~6強以上)の地震の発生確率と当該地点付近の断層情報(予測震度・距離・深さ・マグニチュード・発生確率)を解析し、約30秒で結果を表示できるツール。

※「ココゆれ」は、防災科学技術研究所の「地震ハザードステーション(J-SHIS:ジェイ・シス)2010年版」で公開されている、全国の地震活動・震源モデル等のデータを用いている。最新のデータが公開され次第、「ココゆれ」も随時更新していく。

プロフィール

家結び

家から生活を豊かにする

家結びのスタッフによる記事。
全国の建築家のインタビューや話題のニュースをお届けします。

家結び さんの記事

関連する記事

  • ピョンチャン五輪とテレビ耐震

    ピョンチャン五輪とテレビ耐震

    ピョンチャン五輪が盛り上がってますが、今ご覧になっている大型テレビの地震対策は出来てますか? 私はテレビ背面に筋交い状のアームを台座に固定しています 家電メーカー...

  • 災害時の伝達手段

    災害時の伝達手段

    先日の台湾地震は他人事ではないですね。。 関東直下型地震が起きたとき、私は被災建築物応急危険度判定士と独立系社会福祉士の2つの顔で活動することになると思います 被災現...

  • 阪神淡路大震災から23年

    阪神淡路大震災から23年

    今日は阪神淡路大震災発生から23年目になりますね。 昨年、神戸に行った際、復興の状況確認したり、メモリアルパークを訪れました メモリアルパークへ訪れていた顔ぶれを見ると...

  • ステンレストップのタモのバックボード

    ステンレストップのタモのバックボード

    良いね。ご主人と決めた立ち上がりが雑巾摺が良い印象でまとまっています。 今月と来月とで、オーバーワークなくらいの皆さんの家具の納品時期が重なってきていて少し焦っ...

  • 廊下に自然光を取り入れる必要性・・・インテリアリフォーム

    廊下に自然光を取り入れる必要性・・・インテリアリフォーム

    ここのところ、新築戸建だけでなく、分譲マンションの間取り(リフォームや建築オプションなど)を検証する機会も多くなりました。 先日、あるセミナーに参加したとき、これまで私自身に...