地震リスク診断と地震被災時自宅再建シミュレーションサービス

SBI少額短期保険株式会社が、地震リスク診断地震被災時自宅再建シミュレーションのサービスを開始しました。

このサービスでは、お住まいの地域の地震の危険度の判定や、地震で被災した際に生活再建や自宅再建でどの程度の費用負担が必要になるのかをシミュレーションすることができます。震災に対する防災意識向上と地震への備えについて役立つのではないでしょうか。

地震リスク診断サービス

家結び
地震リスク診断サービス

お住まいの「都道府県」「市区町村」を選択すると、その地域の地震危険度(※)がSおよびAからDの5段階で評価されます。

※危険度の定義
独立行政法人防災科学技術研究所が発表している、今後30年以内に震度6弱が発生する可能性を元に、独自に以下のランクに分類。
危険度Sランク-発生確率が26%以上
危険度Aランク-発生確率が6%以上26%未満
危険度Bランク-発生確率が3%以上6%未満
危険度Cランク-発生確率が0.1%以上3%未満
危険度Dランク-発生確率が0%以上0.1%未満

地震被災時自宅再建シミュレーションサービス

家結び
地震被災時自宅再建シミュレーションサービス

お住まいの「都道府県」「市区町村」「建物構造」「世帯人数」「建物の価値」「月々の住宅ローン返済額」を選択・入力すると、加入されている保険の地震補償ごとに、地震に被災して生活再建や自宅再建が必要となった場合にどの程度の自己負担額が必要になるかを確認できます。
また、その費用負担のために新たにローンを組んだ場合の月々の返済額についてもシミュレーションすることができます。

SBI少額短期保険株式会社
SBI少額短期保険株式会社は、2006年に少額短期保険(通称:ミニ保険)業者の第1号として登録を完了した、住宅向け地震リスクを専門に保険引受を行う会社です。インターネット総合金融グループであるSBIグループの一員となったことを受け、2012年6月に「日本震災パートナーズ株式会社」から「SBI少額短期保険株式会社」へと社名変更を行いました。

プロフィール

東恩納 尚縁

将来の夢は孫と一緒に暮らすこと。

孫ができた為、将来は娘夫婦と二世帯住宅の夢を持っています。
「住まい」について考えたコラムを寄稿しています。

東恩納 尚縁 さんの記事

関連する記事

  • 小規模多機能型居宅介護施設と防災

    小規模多機能型居宅介護施設と防災

    防災に関して「スプリンクラー設置」は消火ポンプや水槽を設ける必要があったため特別養護老人ホームなどの自力避難困難者入所施設建設時には建築物以外に外構の費用もかかっていました。 ...

  • ピョンチャン五輪とテレビ耐震

    ピョンチャン五輪とテレビ耐震

    ピョンチャン五輪が盛り上がってますが、今ご覧になっている大型テレビの地震対策は出来てますか? 私はテレビ背面に筋交い状のアームを台座に固定しています 家電メーカー...

  • 災害時の伝達手段

    災害時の伝達手段

    先日の台湾地震は他人事ではないですね。。 関東直下型地震が起きたとき、私は被災建築物応急危険度判定士と独立系社会福祉士の2つの顔で活動することになると思います 被災現...

  • ランドセル収納にもなります

    ランドセル収納にもなります

    イベント「クレミル」の工房開放でお作りいただいた「ミニキッチン&ミニデスク」に、ランドセルを載せた時のサイズ感をお伝えしていませんでした。(うちのランドセルの大きさ...

  • 阪神淡路大震災から23年

    阪神淡路大震災から23年

    今日は阪神淡路大震災発生から23年目になりますね。 昨年、神戸に行った際、復興の状況確認したり、メモリアルパークを訪れました メモリアルパークへ訪れていた顔ぶれを見ると...