奥行のリサイズ【狛江市 M邸】

こんにちは、片付く収納家具とインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。


11月~12月にかけて3回ほど収納サポートに入らせていただいていた【狛江市 M邸】にてプチリフォームをしました。


M様のお宅は1Fがお住まいで、すべて和室。そしてすべての収納が押入れサイズでした。


2Fをアパートにされているため、構造もしっかりされていて、そもそもリフォームなどはムリと思い込まれていたそう。


押入れサイズの奥行の収納。半間サイズですが、上下に収納が分かれ、キッチン側と和室側の両方から使えるようになっています。

家結び.COM

これがどちらも奥行がありすぎて、少々使いにくそう。。。


キッチン側に奥行350前後の収納があれば、食品ストックやお米、紙類などの分別ごみもおけますし、和室側から400前後の収納があれば、ファイルボックスや文具、家族で使用するものなどがかなり収納できます。

壁を立て、棚板を追加するプチリフォームをいたしました。

和室側【Before】
家結び.COM

和室側【After】
家結び.COM

キッチン側【Before】
家結び.COM

キッチン側【After】
家結び.COM

家結び.COM

M様からも嬉しいメールをいただきました。

鈴木さんのおかげで私や夫の意識が変わりました。
今度、ママ友さんたちに見せびらかすつもりです。実家の母も大変喜んでおりました。
物入れもすごく使いやすく、一日で一番大変な夕食やお風呂の準備も、だいぶストレスが減りました。


ちょっとしたことを変えるだけで、暮らしやすさは大きく変わります。


今回のプチリフォームは些細なことですが、これからの生活をとても左右する価値のある内容だったなあ~と思います


収納の奥行はとても大事ですね。


今回はアシスタントSさんが大活躍してくれましたいつもありがとうございます

プロフィール

鈴木君枝(収納アドバイザー・suzukuri代表)

快適な住まいづくりの収納&インテリアコンサルタント

鈴木 君枝 スズキ キミエ(収納アドバイザー / 神奈川県)
suzukuri 代表

目黒通り、表参道のインテリアショップでコーディネート経験を通じ、快適に暮らせる収納の必要性を感じ、「住空間収納プランナー」となる。住まいは心を映し出す鏡、収納とインテリアの提案で暮らしやすく心地よい住まいづくりをお手伝いします。

http://ameblo.jp/suzukuri4-2/ (アメブロ)

鈴木君枝(収納アドバイザー・suzukuri代表) さんの記事

関連する記事