有効的な収納か。

こんにちは、片付く収納家具とインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。

インテリアコーディネートのお仕事で、新築マンションのモデルルームやご新居図面を拝見することが多いのですが、最近のマンションの間取りは収納にとても着目されている物件が増えているなあ~~と実感します。

自由度の高い戸建てはなかなか難しい面があるようで、メーカーさんや工務店さんによってバラつきがあるように感じます。

ご新居の収納計画をするのとしないのでは、その先何十年の暮らしが変わってきます。

間取りを考える際に、物の量と将来を見据えた収納をじっくり考えられるといいですね

特に戸建てのお住まいでときどき見られるのは、「このぐらいあればいいでしょう」と押入れサイズの物入れが各部屋にど~~~んと設定されていたりします。

容量は確かに、たっぷり収納できますが、布団以外の収納に押入れサイズは「有効的な収納」かどうか、悩ましいところです。

押入れですとだいたい奥行内寸80cm。
ロングタイプ(74cm前後)の引出をいれてもちょっと引出内部が長すぎて使いにくかったり。

衣類を掛けるならば、手前にハンガーパイプを設置して、奥に棚などを設置してかばん置きにするのが一般的でしょうか。

前後に分けて考える、という工夫やコワザも必要になってくることが多いです。

なるべく収納したいモノの奥行に合わせて、収納箇所のサイズを決められると理想的。

「奥行」ってとても大切なのです。

奥行がありすぎて使いにくい、どんどん奥にものが詰まっていってしまう、という声をよく聞きます。

お部屋それぞれの使い方によって、適した奥行があります。

ご新築やリフォームを検討中の方、是非、図面の段階でご相談くださいね

プロフィール

鈴木君枝(収納アドバイザー・suzukuri代表)

快適な住まいづくりの収納&インテリアコンサルタント

鈴木 君枝 スズキ キミエ(収納アドバイザー / 神奈川県)
suzukuri 代表

目黒通り、表参道のインテリアショップでコーディネート経験を通じ、快適に暮らせる収納の必要性を感じ、「住空間収納プランナー」となる。住まいは心を映し出す鏡、収納とインテリアの提案で暮らしやすく心地よい住まいづくりをお手伝いします。

http://ameblo.jp/suzukuri4-2/ (アメブロ)

鈴木君枝(収納アドバイザー・suzukuri代表) さんの記事

  • 「間取りのご相談」はお早目に。

    「間取りのご相談」はお早目に。

    2018年、すずくり(suzukuri)最初のお仕事は「収納サポート」から始まりました。 年末にお引越しされたK様。 2014年、まだK様お一人暮らしのとき、渋谷区中心部のそれは素敵な...

  • 平成30年、新しい年におもうこと。

    平成30年、新しい年におもうこと。

    新年、明けましておめでとうございます。 温かく穏やかな晴天の続く、いいお正月でした。 写真は葉山にある森戸海岸からの景色。富士山はいつ見てもテンションが上がりますね。 ...

  • その後の暮らしをイメージできますか・・・収納設計

    その後の暮らしをイメージできますか・・・収納設計

    12月は「収納設計」のご依頼を多くいただく月でした。 「新築・リフォーム」、「マンション・戸建て」、問わず「収納視点」の間取りにとても興味をもっていただけるようです。 実...

関連する記事