大和ハウス、狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」販売

大和ハウスは、住宅メーカーや工務店、リフォーム会社、建設会社、不動産会社向けに狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」の販売を開始しました。

moogle(モーグル)とは

 「moogle」は、住宅の床下点検・診断作業をはじめ、住宅リフォーム前の現場調査や簡易耐震調査でも活用でき、橋梁など高所の狭い通路や配管など入りにくい空間、共同溝などの点検など、狭くて暗くて動きにくい空間を隅々まで点検することができるロボット。
家結び
 高さ15cmの段差を乗り越えることができ、LED照明や点検用のCCDカメラ、走行用の広角カメラ、無線LANアクセスポイントを搭載。パソコンモニターを見ながらコントローラーで遠隔操作でき、普段見ることができない場所を隅々まで見渡すことができるため、コンクリート基礎のひび割れ幅などをリアルタイムで確認することができる。

商品概要
名  称      : 「moogle(モーグル)」
発売日       : 2012年10月17日
販売価格      : 241.5万円(税込み・5年保証)
            210万円(税込み・1年保証)
リース価格     : 4~5万円/月(5年リース)
販売地域      : 全国(ご利用できない地域もあります)
販売対象      : 住宅メーカー・建設業者・リフォーム業者・不動産会社など
             ※個人の方への販売は行いません。
販売目標      : 年間100台
本体寸法      : 全長 約50cm、全幅 約30cm、全高 約22cm
本体質量      : 約11.5kg
乗り越え可能段差高さ: 15cm(走行条件による)
搭載バッテリー   : ニッケル水素蓄電池
連続使用時間    : 60分以上(走行条件による)

大和ハウス工業株式会社 ヒューマン・ケア事業推進部ロボット事業推進室

プロフィール

家結び

家から生活を豊かにする

家結びのスタッフによる記事。
全国の建築家のインタビューや話題のニュースをお届けします。

家結び さんの記事

関連する記事