トリプルナット締め

建築の鉄骨造など、接合部のナット締めでは「ダブルナット締め」が主流です。

これは振動に対する緩み止めとして有効になるからなのですが、先日サーキットの防護壁にふと目をやると「トリプルナット締め」で施工されてました。

建築物は風や地震による振動を受けますが、サーキットや高速道などは常時クルマからの走行振動を受けるので厳しい基準で作られているのですね


家結び.COM


台風6号が現在近づいており、関東地方は明日の夜に通過予定ですので、カーポートなど風害がないよう事前にチェックしておきましょう!

プロフィール

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計)

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

斉藤 進一 サイトウ シンイチ (建築家 / 埼玉県)
やすらぎ介護福祉設計 代表

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計) さんの記事

  • インフルエンザ家族感染と空調

    インフルエンザ家族感染と空調

    3連休も私は仕事をしておりますが、未曾有のインフルエンザ感染でせっかくのお休みにダウンされているかたも多いのではないでしょうか。 家族内感染を防ぐには、感染者との寝室の隔...

  • 災害時の伝達手段

    災害時の伝達手段

    先日の台湾地震は他人事ではないですね。。 関東直下型地震が起きたとき、私は被災建築物応急危険度判定士と独立系社会福祉士の2つの顔で活動することになると思います 被災現...

  • LED+アマゾンエコー=バリアフリー

    LED+アマゾンエコー=バリアフリー

    室内の照明器具のうちシーリングライトの一部と蛍光灯の電球を交換 ダウンライト関係はLEDにしているので、消費電力の少なさと寿命の長さに驚いてます 介護福祉住宅において...

関連する記事