水色のアクセントの。

家結び.COM

かわいらしく出来ましたと、先日ブログでチラっとお見せしたタッセルは、
このようなお部屋におさまりました。

明るい陽射しがあふれる戸建のLD空間。
床も壁も白くて清潔感のあるご新築の内装でしたので、
ナチュラルな木の家具、
水色をアクセントカラーにしたご提案で
ほっこりとくつろげるお部屋にしましたー。

家結び.COM

家結び.COM

ソファとその前に置いたテーブル、その上につけた照明は
お客様のお手持ちのものでした。

お手持ちのものと新しくご購入いただくものとを組み合わせながら
コーディネートさせていただくのは
ジェイブルーでは日常業務です。

「本当は全部新しく提案してもらうのが良いんでしょうけど、手持ちのものがあって申し訳ないです」って謝られるお客様がたまにいらっしゃるのですが
まっっったく全然・・・謝る必要などありません(笑)

家結び.COM

上部で切り替えをしたシェードスタイルの窓回り。
上を無地にするか、それとも柄にするか、
ご検討を楽しんでいただきましたよ★

インテリアは、正解が1つということはないので
どんなことでも出来るのでした。

こちらはまた施工事例のほうでご紹介させていただきます!
(あぁ、またためこんでしまった・・・)

プロフィール

三宅 利佳(ジェイブルー)

インテリアコーディネート事務所 ジェイブルー

●インテリアコーディネーター  980877A
●2級建築士
●AFT色彩検定 1級

美しく暮らすにはそれなりの努力が必要です。
例えば掃除、整理整頓、時々の模様替えや花を活けなおしたり・・・。

どうせすぐ使うから
どうせすぐ汚すから

そう言ってやりっぱなし出しっぱなし汚しっぱなしの生活は
確かに面倒がなくて便利ですが
便利ばかりを追求していてはあっというまに雑多な空間になります。

美しい部屋、居心地の良い部屋というのは
日々手をかけ続ける面倒臭さを内包しています。
でも、そのことを放棄しないでください。

部屋は人の心を表すと思いませんか。

インテリアコーディネーターがお手伝いできるのはほんの最初の舞台づくりだけ。

「こうありたい理想の自分」を思い描いて
ぜひ素敵な住空間を維持してください。
それが、生き方にもつながるのだろうと思います。

三宅 利佳(ジェイブルー) さんの記事

関連する記事