スギ花粉・pm2.5・火山灰・・

屋外の空気環境が悪くなる季節になりましたね。

外出時はマスクなどで微粒物の吸引を防御できますが、住宅内でもマスクで居るのでは気が休まりません。

スギ花粉やPM2.5をはじめ、火山が噴火した地域では火山灰をいかに住宅内に入れないかということがポイントになりますね。


私も大学時代、熊本の阿蘇山噴火や鹿児島の桜島噴火による降灰を経験しました。

洗濯物は干せませんし、道路上に積もった灰がなかなか除去されず、クルマが走るたび舞い上がる現象はストレスが溜まるだけでした。


そんな中、関東でも富士山関連の心配が出てきましたね。。




御嶽山噴火を的中させた教授 富士山噴火2014年±5年と予測
 9月には御嶽山が突如噴火し、死者57名、行方不明者6名という大惨事をもたらしたが、近頃、噴火が懸念..........≪続きを読む≫
[アメーバニュース]




24時間換気システムが導入されている住戸では、吸気フィルターのこまめな交換が室内環境を安定させます。

システムがない住戸は、トイレ換気扇や浴室換気をはじめレンジフード作動時に家の窓を閉め切った状態でどこから外部空気が流入するか調べておくと安心ですね。

気密の低い場所に、空気清浄機を設置し室内環境を安定させましょうv

プロフィール

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計)

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

斉藤 進一 サイトウ シンイチ (建築家 / 埼玉県)
やすらぎ介護福祉設計 代表

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

斉藤進一(やすらぎ介護福祉設計) さんの記事

  • インフルエンザ家族感染と空調

    インフルエンザ家族感染と空調

    3連休も私は仕事をしておりますが、未曾有のインフルエンザ感染でせっかくのお休みにダウンされているかたも多いのではないでしょうか。 家族内感染を防ぐには、感染者との寝室の隔...

  • 災害時の伝達手段

    災害時の伝達手段

    先日の台湾地震は他人事ではないですね。。 関東直下型地震が起きたとき、私は被災建築物応急危険度判定士と独立系社会福祉士の2つの顔で活動することになると思います 被災現...

  • LED+アマゾンエコー=バリアフリー

    LED+アマゾンエコー=バリアフリー

    室内の照明器具のうちシーリングライトの一部と蛍光灯の電球を交換 ダウンライト関係はLEDにしているので、消費電力の少なさと寿命の長さに驚いてます 介護福祉住宅において...

関連する記事